IHG インターコンチネンタルアンバサダーについて

IHG インターコンチネンタルアンバサダーについて

インターコンチネンタルアンバサダーの更新が近づいてきました。

今年も更新する予定ですので、その理由をまとめていきたいと思います。

インターコンチネンタルアンバサダーに入った理由

2013年、初の海外旅行でイタリアへ行った時に作った

デルタスカイマイルアメリカンエキスプレスカード

でのなんちゃって上級会員体験をきっかけに

2年前くらいから、ホテルのFSPというものに興味をもちました。

色々調べているうち、

当時システムバグも多く、キャンペーンの多重登録や

BIG WINなんていうゲーム性のあるキャンペーン

(こちらは今も名前を変えて定期的に実施中)

でポイントが非常にたまりやすいことを知り、

さらに地元にも加盟ホテルがあったため

IHG Rewards Clubを中心にした宿泊を意識していました。

そんな中横浜のインターコンチネンタルのクラブフロアに泊まる機会がありました。

f:id:fkigen:20170107201321j:image

せっかくなら、と加入したのが

インターコンチネンタルアンバサダー

という有料のプログラムでした、

それまでの数泊で溜まっていたポイントで加入できましたし、

下記で触れる特典がとても魅力的だったからです、

インターコンチネンタルアンバサダーとは何か

今更感たっぷりですので、主な特徴のみ簡単にまとめます。

●加入は200USDまたは、32.000ポイント

●一年毎の更新が必要

●加入するだけでゴールドステータスを獲得

●客室の1ランクアップグレード保証

(インターコンチネンタルブランドのみ)

※アップグレードができない、またはアップグレードの辞退をした場合、ホテルによって追加のアメニティ(ワインなど)もあるようです。

●午後4時までのレイトチェックアウト保証

●ウィークエンド無料宿泊券

いまいちな点

そんな特典満載の制度ですが、いまいちな点もありした。

例えば、

●インターコンチネンタル以外のブランド、クラウンプラザやホリデイイン等では通常のゴールド特典のみ(=ほとんど特典なし)

●日本にはインターコンチネンタルホテル自体が少ない

(東京3件、横浜、大阪、沖縄、石垣の7件)

●一部のホテルやプランを除いて宿泊費がそもそも高い

だけど、更新する理由

今年はそれほどホテルにお金をかける予定もないのですが、更新することにしました。

①現在の保有ポイントで更新できる

→PointBreak以外でのポイント宿泊は一部を除いてあまりお得感を感じないのでポイントがたまりがち

②ウィークエンド宿泊券が非常にお得だった

→去年の海の日の3連休に非常にお得に宿泊することができ、特典の威力の大きさを実感した

次の記事で②について、詳しく書いていこうと思います。

旅行-ホテルカテゴリの最新記事