富山ガラス美術館ともつ煮込みうどん 糸庄 富山でもふらふら その2

富山ガラス美術館ともつ煮込みうどん 糸庄  富山でもふらふら その2

「富山市ガラス美術館」へやってきた僕と奥さん。

f:id:fkigen:20170121012443j:image

石とガラスとアルミでできた無機質な外観とは違って、内装は木がたくさんで暖かみのある感じです。天井からは外の明かりが見えます。

f:id:fkigen:20170121011455j:image

富山市ガラス美術館

富山市ガラス美術館 – ホームページ

2015年にオープンしたこの美術館は、常設展の観覧料大人200円とかなり良心的。だからと言って内容が寂しいということもなく、むしろすごく充実していました。

3〜6階にそれぞれ展示室があり、ゆっくり見ながら最上階の6階へ

ここには「グラス・アート・ガーデン」と名付けられた、空間芸術作品(インスタレーション)の展示スペースがあります。

写真は私的利用に限り可・・・との事なので載せるのは控えますが、なかなか圧巻です。

常設展 – 富山市ガラス美術館

ガラス美術館が入る複合施設「キラリ」には図書館も併設されており、近くに住んでいたら休みの度に通っちゃいそう。。。

f:id:fkigen:20170121011939j:image

時間も忘れてガラスのアートを見ていたら、気づくとお腹がペコペコに。

そろそろ切り上げてランチへ行くことにしましょう。

ガラス美術館からホテル方向へ戻り、大通りで総曲輪バス停けらバスに乗り込みます。

ここは色々な行き先のバスが通るようで、それほど待たずにバスがやって来ました。

乗っている時間はわずか。4つ先のバス停花園町で下車。歩いてすぐ、やってきたのは煮込みもつうどんの「糸庄」

糸庄

f:id:fkigen:20170121012106j:image

糸庄 モツ煮込みうどん – Google 検索

注文は「もつうどん」
出来上がりまでしばらく席で待ちます。

待つこと数分・・・きたきた!
蓋を開けたところをすかさず!

f:id:fkigen:20170121012221j:image

熱々でボリューム満点で美味しく頂きました

お腹も満たされたところで、これからどうしようかと相談します。

色々調べてはいたものの、決断力のない僕ら。

今日は時間も余裕あるし、ちょっと不便な場所にあるので行くのを迷っていたお店に行ってみることに

先ほど降りたバス停から、ふたたびバスにのり3つ先のバス停「今泉」で下車。そこから目的地まで徒歩で10数分ほど。見慣れない街並みをゆっくりと進みます、

f:id:fkigen:20170121013030j:image

どんよりとした天気ですが、暑すぎず寒すぎず歩くのにはちょうどいいかも・・・

f:id:fkigen:20170121013019j:image

目的地へ到着!

旅行-食べ物カテゴリの最新記事